ココロがホッとゆるむオヨウフク
服薬
染物屋ふくさんで
茜染め体験をしてきました。

茜とは
古代から根を使われてきた
最も古い赤色染料。
和名の由来は、
根を乾燥すると赤黄色から橙色となり、
赤い根であることから
アカネと名づけられたと言われています。

この白いお花の「根」が



褐色になって


こーんな鮮やかな紅色が出るなんて!
(写真奥は玉ねぎ染めの染液)

染めると…
わっ!と声が出るほど鮮やに染め上がる。




昔は煎じ薬を布に染み込ませて患部に湿布していました。
佐賀には薬屋が染料を売っていたところもあったそうで
直接肌にあたる服は身につける薬のようなもの。
それが「服薬」という言葉の由縁だそうです。
衣食住という言葉も
衣が最初にくるほど大切なものと考えられていました。

茜の主な薬効は
浄血、免疫力向上、殺菌、除菌、消臭
月経過多など
同色薬効と言って、赤色は血液に関する事に
効くとされていました。


なるほど☆
ふんどしが赤く染められていたのには
そういう効果があったからかも!

草木染めにそんな意味があったことを知って感激。

天使達に囲まれて過ごせた
至福の時間でした。
てしごと(おとなふく) comments(2) trackbacks(0)
Comment








おす!みち
もちろん忘れんわ^^
わざわざ探してくれたん。
みちにLINEしたけど繋がらんよー。
そらほしも元気で♪
みちは元気にしちょん?
メールしてみてちょ↓
soratohoshi_hiromi@yahoo.co.jp
from. hiroml→みちこ | 2019/01/22 22:50 |
ひろみちん!
みちこです!
覚えとる???
ずっとひろみちんと
そらとほしに会いたくて探しよった。
良かったら連絡ください!
from. みちこ | 2019/01/21 04:16 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sorat0hoshi.jugem.jp/trackback/1146
<< NEW | TOP | OLD>>