そらちゃんの手紙
「自分が嫌い。」
先日娘が
泣きながら私に言いました。

「そっか…どこが嫌い?」
「うーん…なんでも我慢するところ」
「なんで我慢すると?」
「自分の思ってることを言って
ダメって言われた時の気持ちが嫌。」

ああ…
わかるー…
相手に拒否された時の
あの締め付けられるような嫌な気持ち。
私も凄く不快だった。

娘はすぐ他人にあわせる。
その感情を感じるのがとても嫌だから
自分が傷つかないように
防衛本能で無意識に逃げる。
他人にあわせれば
その嫌な気持ちを感じなくてすむから。
でもその時の小さい小さい我慢が
どんどん膨らんで爆発してしまうことを
私は知ってる。
そして、嫌な感情は
きちんと向き合えば
嫌では無くなる事を私は知った。
やっとこの歳で(笑)

「自分の思っている事を言って
もし相手が違う意見で拒否されたとしても
それは、そらの事が嫌いって事じゃないんよ。
そらと、相手が違うってだけなの。
はじめは拒絶されたって思って
悲しくてすごく嫌な気持ちかもしれないけど
嫌われたんじゃないんだ!
そらとは意見が違うんだ。
って思ってみて?
そらも、そんな事で
人を嫌いになったりはせんやろ?
だから嫌だって言っていいし
自分の意見をきちんと言っていいんよ。
はじめはお友達に言うのは怖いだろうから
お母さんに言ってみて?
お母さんと練習しよ!
お母さんも実はまだちょー怖いんよ(笑)
だから一緒に練習しよ!」
「そーなん?お母さんも?」
「うんうん!怖い。
だけど何言ってもお母さんは
そらの事大好きだから大丈夫よ。」
「わかった!そらもお母さん好き!」

考え方とか人との付き合い方とか
教えたわけじゃないのに
ほんと今までの私にそっくりで驚きます。
私がこの歳になってやっと気づけた事を
今の娘の歳で伝えることができた事を嬉しく思います

その夜くれたそらの手紙に
「お母さんありがとう
心が開けたよ!!」って…
心が開けただなんて…
そんな言葉どこで覚えた!(笑)

そら先輩、これからもよろしくっす!
ちーっす!


(`;ω;´)ぼえーぼえー
日々の事 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sorat0hoshi.jugem.jp/trackback/422
<< NEW | TOP | OLD>>